土日も午後1時まで診察致します。

おしらせ

トップページ > おしらせ

足こぎ車椅子の紹介

2014年1月15日

NHKでも紹介された、足こぎ車椅子「プロファンド」
Profhand(プロファンド)は、東北大学大学院医学系研究科客員教授・半田康延博士グループが研究開発した世界初の介護福祉機器です。  脳梗塞や脳卒中で半身が麻痺した方、腰痛、膝関節痛などで歩行困難な方でも、自身の両足でペダルをこぎ自由に走り回ることができる最先端のチェアサイクル(足こぎ車イス)です。 
操作性も良く、小回りも効き、片麻痺の方でもこぐ事ができるため、麻痺側下肢の機能訓練にもなります。

試乗等も出来ますので、詳しくは、当院までお気軽にお問い合わせください。

ノロウィルスにご注意を!

2013年1月4日

 こんにちは!わらび整形外科です。
慌しい年末年始が過ぎ、早いもので今日は仕事始め。
生活リズムが不規則になりがちな時期でしたが、皆さん体調はいかがでしょうか。​​​

 さて。​元旦・2日は穏やかな陽気だったものの、厳しい寒さが戻ってまいりました。
そんな季節に猛威を振るうが「ノロウィルス」です。
今冬もすでに、ノロウィルスによる急性腸炎の増加しています。

 ノロウィルスは、乳幼児から高齢者にいたる広い年齢層で急性腸炎を引き起こすウィルスです。
この感染症は、11月から3月の、主に冬季に多発し、下痢だけではなく嘔吐も引き起こすのが特徴です。
下痢だけであれば、トイレで流されるため感染が広がりにくいのですが、嘔吐の場合は適切な処理・消毒をしないとウィルスが床などに残り、乾燥して埃と共に空気中に舞い上がり感染が広がってしまうことがあります。

手指からの感染ばかりを気にする方も多いですが、このような感染経路にも充分気をつけてください。

感染予防のためには・・・

  • トイレの後などには、石鹸でしっかり手を洗う。
  • タオルの共用は避ける。
  • 下痢・嘔吐の症状がある方は、直接食品を扱う作業をしないようにする。
  • 便や吐しゃ物の処理は素手で行なわずビニール手袋を使用する。
  • 汚物をふき取るのに使用したティッシュペーパーや雑巾等は、ビニール袋等に密封して捨てる。
  • 消毒は、市販の塩素系消毒剤を希釈したもので行なう。
​​​​​​​また、食品中のウィルスは、加熱により感染性を減らすことが出来ます。
食品の中心温度が85℃以上になるようにして、1分以上しっかり加熱してから食べましょう。

 
 乾燥による感染症が恐ろしい冬ですが、澄んだ空気の心地よさと、美しく透き通った空を楽しめる季節でもあります。
適切な予防で病気を避け、健やかな日常を過ごしましょう。​​​​​​

腰痛を起こさないための正しい姿勢

2012年10月12日

 こんにちは!
秋もだいぶ深まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 寒くなってくると、どうしても姿勢が悪くなりがちですが、姿勢の悪さは腰痛を引き起こす原因になります。
そこで今回は、正しい姿勢についてお話をしようと思います。


 腰痛になる人は、腰に負担がかかる「悪い姿勢」をしていることが多いようです。
何気ない姿勢でも、意識して正しく保つように心がけましょう。

また、どんなに正しい姿勢でも、同じ姿勢を30分以上続けることにより、腰にとって大きな負担となります。
こまめに休息をとったり、少しづつ姿勢をかえるように意識しましょう。


■立っているときの姿勢

あごをひいて背筋を伸ばし、「背筋の自然なS字カーブ」をキープするように意識しましょう。
胸の張りすぎや腰の反らせすぎには注意し、体の重心が足の親指にくるように。

☆ポイント☆

  • ・頭のてっぺんが糸で引っ張られているように意識する
  • ・軽くあごを引き肩の力を抜く
  • ・背筋を伸ばす
  • ・お腹を引っ込める
  • ・おしりの筋肉をキュッと引き締める
  • ・重心を足の親指の付け根に



■座っているときの姿勢

座っているときも「背骨の自然なS字カーブ」をキープしましょう。
背もたれのある椅子に座るときは、できるだけ深く腰掛け、腰の部分にクッションや座布団を当てるなどして、背骨のカーブが保てるようにしましょう。

☆ポイント☆

  • ・背筋を伸ばす
  • ・お腹は軽く引き締める
  • ・椅子に深く腰掛ける
  • ・クッションや座布団を利用する

日ごろの心がけで、つらい腰痛を防いでいきましょう!

スポーツの秋です。

2012年9月28日

 こんにちは!わらび整形外科です。

 本日は、「スポーツの秋」ということで、筋肉痛が起きるメカニズムと対処法をご説明したいと思います。


【メカニズム】
 筋肉痛とは、筋肉が軽い炎症を起こした状態をいいます。
運動が習慣でない人が、長時間歩いたり、山登りを行なったりして過度に筋肉を使うと、疲労した筋肉が老廃物質を出して、軽い炎症を起こします。

筋肉が縮む感じがする、熱を持つ、赤くなるなどの症状は、炎症を起こしたために症じるもので、これがいわゆる「筋肉痛」です。

 また、さらに筋肉を酷使した場合はその炎症がひどくなり、パンパンに腫れる、触った際に熱さを感じるほど熱を持つ、歩くのが困難になるほどの痛みをもつなどの症状があらわれます。
(個人差はありますが、痛む筋肉に負担をかけずに放置しておけば、1~3日で自然に治ります。)


【対処法】
 筋肉痛による症状を緩和するには、冷湿布が有効です。
冷やしたタオルを患部に当てるのも手軽な方法ですが、市販の冷湿布には抗炎症剤が含まれているので、炎症をとる効果が高まります。

 数日経って、痛みや発熱、腫れなどの症状が和らいだら、血液循環を良くして老廃物質を追い出すために、入浴や軽いマッサージを行うのも良いでしょう。


それでもなかなか痛みがひかなかったり、何か不安に感じる点があったら、早めにお近くの整形外科で受診しましょう。



 気温が下がり、運動をする機会が増えるかと思いますが、事前ののストレッチや運動後のケア等で充分に身体をいたわり、思わぬ怪我を防ぎましょう。

 また、秋冬は水分補給がおろそかになりがちですが、軽い運動でも思っているより汗をかくものです。
意識して水分を摂るように心がけましょう

ご挨拶

2012年4月3日

急速に高齢化の進む中、整形外科が地域の皆様方ひとりひとりの怪我や障害を克服し、健康で安心して生活出来るようにお手伝いする事が使命です。
リハビリ室の物理療法機器を充実させ、多数のリハビリスタッフを配し、患者さんの痛みの緩和、リハビリに対応しております。​

診療時間

月~金
午前/  9:00~12:00
午後/15:00~19:00
土・日
午前/  9:00~13:00
祝 日
休 診

アクセス

non data